自宅でつかうには

スキマ時間とはどんな時間でしょうか?みなさんが最初に思い付き、答えることができるのは自宅にいる時間です。自宅で過ごす時間が長いのは主婦やシニアですが、仕事が忙しい人も自宅で過ごす時間があります。

 

アンケートモニターは自宅で過ごす時間についても、使うことができます。


キーワードは

・自宅で過ごす時間はどのくらい

 

・パソコンをつかう

 

・みんなができる

注目するのはこれだけで充分、自宅でつかうにはついてをガイドします。



キーワードの見える化

ここからはガイドよりバトンタッチしたアドバイザーの私がご案内します。


自宅で過ごす時間はどのくらい

みなさんが自宅で過ごす時間はどのくらいなのか?仕事をしている人は毎日10時間(睡眠時間を含む)それ以外では20時間ぐらいで自宅で過ごす時間が以外と長いです。

 

自宅で過ごす時間は給与所得の増減で決まります。景気が悪くなると残業が少なくなることで早く帰宅、使えるお金も減るため外出が減り自宅で過ごす時間が増えます。

 

たくさんの時間を自宅で使っており、アンケートモニターでつかえますね。



パソコンをつかう

自宅でアンケートモニターをやるならパソコンをつかうことがおすすめになります。家庭でのパソコン保有率は70%で、どの家庭でも1台ぐらいはパソコンがあります。

 

パソコンがあれば、インターネット環境もセットでもっています。自宅のインターネット導入率は80%を超えておりアンケートモニターはすぐはじめることができます。

 

道具のパソコンとネットは、つかうことで価値を生み出すことができます。



みんなができる

スマホはすべての世代で使いこなすことはできません。シニアには画面が小さすぎてみえない、操作方法がわからないなど、敬遠されことが多くハードルが高いです。

 

スマホをつかっているシニアは60代では40%、70代は10%を切っておりスマホはシニアに負担があります。パソコンは画面が大きくみえないなどの問題は解決できます。

 

パソコンの良いところは1台を家族で共有化し、みんなができることです。コストも最低限の費用で抑えることができます。



まとめ

自宅でつかうにはの結果

みなさんが自宅で過ごす時間はたくさんあります。その中の少しだけの時間を使う、パソコンやインタネットの共有物を使えばみんなでアンケートモニターで稼げます。


自宅にいる時は、何もしないしていない時間や用事があるが、すぐにやらなくてもよいなど、時間を選択したり集中させたりする必要があります。ここをうまく使えば簡単にスキマ時間をつくりだすことができます。

 

人生で自宅に居る時間はとても長いです。仕事をする人は日常の疲れを回復する休養も必要ですが、家族と楽しく過ごす時間を作りだすことも大事です。そのためには生活レベルを少しだけ向上させればいいのです。

 

稼げるお金を少しだけ増やすことです。アンケートモニターでは、自宅でのスキマ時間を使って稼ぐことが実現できます。



Sランクアンケートサイト

Aランクアンケートサイト

自宅でつかうには