通勤時間をつかうには

スキマ時間とはどんな時間でしょうか?みなさんが最初に思い付き、答えることができるのは朝夕の通勤時間です。ほとんどの人が休日以外、自宅と仕事場の行き来を毎日繰り返している生活スタイルのはずです。

 

アンケートモニターは、移動につかっている時間をつかうことができます。


キーワードは

・通勤時間はどのくらい

 

・スマホをつかう

 

・アプリをつかう

注目するのはこれだけで充分、通勤時間でつかうについてガイドします。



キーワードの見える化

ここからはガイドよりバトンタッチしたアドバイザーの私がご案内します。

 


通勤時間はどのくらい

首都圏での通勤時間の平均はドアtoドアで片道58分(約1時間)、毎日2時間を通勤による移動で時間をつかっています。

 

かなり長いの時間ですね。通勤時間の理想は片道約40分だそうです。また、通勤時間の限界は片道1時間30分までといわれています。もし、通勤時間を別の事に有効活用すれば通勤の負担を軽減することが可能です。

 

公共機関(バス、電車)で通勤している人は国勢調査で全体の約40%で、適合する人は通勤以外に時間の活用ができます。



スマホをつかう

電車の通勤時間帯混雑率は首都圏では最大200~150%です。この状況での、パソコンを使うは迷惑になりつかえません。

 

乗車率150%は乗客同士の方が触れ合う程度で新聞は楽に読め、200%は圧迫感がありますが、週刊誌程度は何とか読めるレベルです。これならスマホはつかえます。

 

通勤時間帯の混雑時はスマホの通信速度が下がるため、スマホがつかないのでは?アンケートサイトはスマホゲームが動画のように通信量は大きくなく格安スマホ、キャリア回線とも問題なくつかうことができます。



アプリをつかう

スマホでアンケートの回答しますが、混雑時や疲れている時などの負担は、このましくありません。スマホの操作回数が減らし、短時間でできるアプリがおすすめです。

 

アプリは一発起動なのでユーザーIDやパスワードの入力が不要で、アンケートの回答時間を大幅に減らすことができます。

 

アプリにはアンケート依頼のアラート(お知らせ機能)があり、いつもスマホを気にして確認することは必要ありません。



まとめ

通勤時間をつかうの結果

公共機関を使っているみなさんはスマホとアプリを通勤時間でつかうことでスキマ時間にアンケートモニターができます。負担なく時間も有効利用でき、おすすめです。


寝ている人、新聞や本を読んでいる人、スマホする人、色々なやり方で通勤時間をみなさんは過ごしていますが、通勤時間をお金にできるのがアンケートモニターです。

 

みなさんの人生で通勤時間は移動の手段で必要ですが、使う時間をさらに充実した価値ある時間に変えるには、単動から複動することが必要です。アンケートモニターをプラスすることで簡単にやることができます。

 

通勤を徒歩や車、自転車を使っている人はアンケートモニターは禁止です。



Sランクアンケートサイト

Aランクアンケートサイト

通勤時間をつかうには