モニター収入に税金はかかる

みなさんが仕事で稼いだ収入には額に応じて税金が必ず徴収されています。

 

毎月、お給料をもらう人は税金は天引きされますが、アンケートモニターで得た報酬は雑所得となるため課税対象額まで稼ぐと、自己申告し税金を払う必要があります。

 

モニター収入の税金について


キーワードは

課税対象となるもの

 

課税額はどのくらい

 

・アンケートで稼げる額

注目するのこれだけで充分、モニター収入に税金はかかるをガイド



キーワードのみえるか 

ここからはガイドよりバトンタッチしたアドバイザーの私がご案内します。


税金を徴収する所得税法では個人が得た所得は10種類に区分されています。

 

利子配当所得、不動産取得、給与取得などはみなさんも知っているずです。

 

アンケートモニターで稼いだお小遣いについてはは雑所得に分類されます。 



雑所得は稼いだ金額のいくらから税金を払う課税対象になるのでしょうか?

 

会社員やアルバイトの給与所得者は年間所得が20万円以下、非給与所得者は年間所得が38万円以下は課税対象でありません。

 

雑所得は課税対象になると自動控除で無いため税務署で確定申告が必要です。



アンケートで稼げる額はアンケートの種類で稼げる単価がいろいろ違います。

 

課税対象を超える額までモニターで稼ぐにはWebアンケート以外の座談会などに、複数回参加することが必要になります。

 

大多数のモニターはWebアンケート回答となるため、課税所得になりません。 



課税対象となるもの

所得税法では、個人が得た所得は10種類に区分されます。

所得の種類と概要

所得の種類 概要
利子所得 預貯金、公社債の利子等
配当所得 法人から受ける配当
不動産所得 不動産の貸付けによる所得
事業所得 事業から生ずる所得
給与所得 勤務先から受ける給料
退職所得 退職により退職手当
山林所得 山林から得る所得
譲渡所得 株資産を譲渡の生じる所得
一時所得 懸賞、競馬競輪の配当金
雑所得 公的年金、印税

アンケートモニターで稼いだお小遣いはは雑所得に分類されます。

 

 

課税額はどのくらい

雑所得はいくらから税金を払う課税対象になるのでしょうか?

課税される額

 

課税年間所得

給与所得者

(サラリーマン、アルバイト)

20万円以上

非給与所得者

(専業主婦、無職)

38万円以上

会社員やアルバイトの給与所得は年間所得が 20万円以下、それ以外は38万円以下では課税対象になりません。

 

課税対象になると税務署で確定申告が必要になります。

 

 

 

アンケートで稼げる額

アンケートで稼げる額はアンケートの種類で稼げる単価が違います。

アンケート単価

種類

単価
事前調査 1~5円
本調査 50~100円
商品モニタ― 購入額+50円
日記式アンケート 1000円
オンラインインタビュー 3000円
グループインタビュー 7000円

課税対象まで稼ぐにはWebアンケート以外の高額アンケートにたくさん回答しなければなりません。

 

 


まとめ

モニター収入に税金はかかるをガイドの結果

アンケートモニターで稼いで税金がかからない目安は毎月1.7万円ぐらいです。


課税対象となるものは、いろいろな種類の所得があります。国は所得に対して税金を徴収できるようになっています。

所得の種類 概要
利子所得 預貯金、公社債の利子等
配当所得 法人から受ける配当
不動産所得 不動産の貸付けによる所得
事業所得 事業から生ずる所得
給与所得 勤務先から受ける給料
退職所得 退職により退職手当
山林所得 山林から得る所得
譲渡所得 株資産を譲渡の生じる所得
一時所得 懸賞、競馬競輪の配当金
雑所得 公的年金、印税

モニタ―で稼いだお小遣いは雑所得で課税対象の場合、前年度所得分を翌年の2~3月に税務署で確定申告が必要です。

 

課税年間所得

給与所得者

(サラリーマン、アルバイト)

20万円以上

非給与所得者

(専業主婦、無職)

38万円以上

給与所得者は年間20万円以上、非給与所得者は年間38万円以上稼ぐ場合、まずは経費対象なるものを見つけましょう。

 

安心してください。アンケートに回答するために使われた必要であるパソコン、プロバイダー費は経費に認められます。ただし、経費と認めらる金額はアンケート回答のみに使われたものだけが対象になります。

種類 項目
パソコン(10万円以下) 消耗品類
プロバイダー費 通信費

アンケートモニタ―で稼いだお小遣い-経費対象となるもの=20万円以下となれば税務署での確定申告は不要となります。もちろん税金を支払う必要もありません。



Sランクアンケートサイト

Aランクアンケートサイト

アンケートモニター登録募集中


関連ガイド情報

モニタ登録は無料?

モニターでお小遣いを得るには、アンケートサイトのモニターに登録してモニターになることが必要です。最初に考えることは、モニター登録は本当に無料だろうか?と気になりますね。アンケートサイトのモニター登録はもちろん無料です。安心してモニター登録してお小遣いを稼いでください。モニター登録が無料である理由とは

モニター登録には何が必要

いざ、モニター登録する時に必要なものがわかっているとモニター登録がスムーズできます。まず、最初にモニター登録に必要なものは3点あります、メールアドレス、パスワード、モニターの基本属性情報です。これだけでモニターを簡単に始めることができます。なぜ、これらがモニター登録に必要なのか?

モニターの収入はどのくらい

みなさんが一番知りたいのはアンケートモニターはどのくらいの収入を得ることができるか? 得られる収入はどのくらいの時間、モニターをやればいいのか?また、負担にならないのか?どのくらいの収入あるのでしょうか?

謝礼の交換方法はどうやる

モニターになってアンケート依頼に回答し、ポイント(謝礼)が貯まると次にやることはポイント交換です。残念ながら、自動的にポイント交換とはなりません。モニターからの交換申請が必ず必要となります。いくらから交換できる?何に交換できる?いつモニターの手元に入る?謝礼の交換についてわかりやすく説明

モニターの情報は漏れるもれない?

個人情報が流失したりしないか?ダイレクトメールや勧誘電話などが来ないか、少し不安になります。また、個人情報の登録することでモニターになることをあきらめている方はたくさんいると思います。安心してください。おすすめするアンケートサイトのモニター登録情報は流失しません。モニター情報が流失しない理由とは?

モニターをやることでの負担は?

アンケートサイトにモニター登録すると仕事のようにノルマを課せられるんでないか? それが負担となるのではないか?と考える方もおられますが、ノルマは無いので安心してください。アンケートに回答する、しないはモニターが自由に決めることができます。おすすめの生活スタイルにあったバランスの良いモニター活動とは

どんなアンケート依頼がある?

スマホやパソコンでWebアンケートに回答が基本です。商品モニタ―、グループインタビュー、日記式アンケートなどアンケートサイトからいろいろな依頼がきます。時間がかかるもの、高報酬なもの、指定した場所に出向くものなどがあります。アンケートの種類をわかりやすく説明

モニター収入に税金はかかるの?

稼いだ収入には基本額に応じて税金を徴収されています。毎月、お給料をもらっている人は天引きされます。アンケートモニターで得た報酬は雑所得となるため課税対象で、自己申告し税金を払う必要があります。モニター収入で税金を払う必要は?

アンケートモニターのメリットとデメリット

アンケートモニターて本当にやることでお得なの?損なのだろうか?どうなんだろうか?とみなさんも、いろいろ考えたりしてモニターをやる判断できないと思います。アンケートモニターをやることでのメリット、デメリットをはじめから知っておくことで無駄な失敗をしなくてすみ、うまくコントーロールすることもできるはずです。メリットとデメリットとは?

 

モニターはこれからも稼げるのか 

アンケートモニターはこれからも本当に稼ぐことができるのでしょうか?お小遣いを稼げるモニターに慣れてくると、できるだけ長く継続してモニターでたくさん稼ぐを考えるようになります。ヒントはいままでのアンケートサイトはどうだったのか?これからはどうなっていくかに、まずは注目してみましょう。

アンケートモニターガイド モニター収入に税金はかかる