モニター情報はもれるもれない

モニター登録することで個人情報が流失したりしないか?ダイレクトメールや勧誘電話がないか、少し不安になります。

 

個人情報のモニター登録することが必要になるのでアンケートモニターをはじめることをあきらめる方もいるはずです。

 

安心してください。おすすめするアンケートサイトでは安全対策によりモニター登録情報は流失することはありません。

 

モニター情報がもれない理由


キーワードは

・安全対策について

 

・アンケートサイトの歴史を見る

 

・モニター登録数

注目するのこれだけで充分

モニター情報はもれるもれないかをガイド



キーワードのみえるか 

ここからはガイドよりバトンタッチしたアドバイザーの私がご案内します。

 


アンケートサイトは個人情報を守るためにいろいろなことをやっています。

 

個人情報を守る基本はプライバシーマーク、SSL/TLS暗号化通信、日本マーケテイング協会、リサーチ協会で参加と導入しているアンケートサイトがおすすめです。

 

安全対策は安心になります。



アンケートサイトから個人情報がもれるとは、どんな状況でおきるのか?

 

そのような状況とは、アンケートサイトになんらかの変化があるときです。統合、閉鎖、名称変更などが考えられます。

 

アンケートサイトの歴史から統合3件、閉鎖2件、名称変更2件があり、閉鎖については個人情報のもれるが懸念されます。



モニター登録数は、安全にアンケートモニターができるパロメーターです。

 

たくさんのモニターが登録していることが、サイトへの信頼度UPとなり、安心安全にモニターができることがわかります。

 

SランクAランクサイトなら安全にアンケートモニターができます。目安は100万人以上がモニター登録していることです。



まとめ

モニター情報はもれるもれないかのガイド結果

おすすめのアンケートサイトは最新の安全対策でモニター情報はもれません。


安全対策はアンケートサイトで充実した対策をおこなっています。プライバシーマ―クは個人情報の保護をSSL/TLS暗号化通信は第3者の閲覧等を防止などに使われます。

アンケートサイト 依頼件数
マクロミル ①②③④
ライフメデイア ①②
リサーチパネル ①②③④
サイバーパネル ①②③④
キューモニター ①②③④

①プライバシーマーク②SSL/TLS暗号化通信③日本マーケテイング協会④リサーチ協会

 

アンケートサイトの歴史からアンケートサイトの統合や名称変更は問題はありません。閉鎖されるサイトは要注意ですね。

 

閉鎖されたアンケートサイトでCim-Net(15年2月破産)は閉鎖される数か月前にサイトにアクセスができなくなり、ためた謝礼ポイントはもらえませんでした。必ず予兆があるので見逃さず対応することが必要ですね。

年度

統合閉鎖サイト 統合先 名称変更
2008

mpack スコープNet

VOICE OINT
2010 VOICE POINT マクロミル
2011 はいめーるnet きかせてnet
2012

Qvoice mediapoint

Qzoo
2012 IMIネット ライフメデイア
2012 KNOTs  
2015 Cim-net  

モニター登録数はアンケートサイトの安全対策の努力の結果です。アンケートサイトの信用が無いと数十万人のモニター登録数はあつまりません。例えば、マクロミルはモニター登録数230万人は50人にひとりはマクロミルのモニターをやっている計算で、モニターからの支持されていることがわかります。

アンケートサイト

回答時間
 マクロミル 230万人
キューモニター 130万人
ライフメデイア 220万人
リサーチパネル 160万人
サイバーパネル 30万人


Sランクアンケートサイト

Aランクアンケートサイト

アンケートモニター登録募集中



関連ガイド情報

モニタ登録は無料?

モニターでお小遣いを得るには、アンケートサイトのモニターに登録してモニターになることが必要です。最初に考えることは、モニター登録は本当に無料だろうか?と気になりますね。アンケートサイトのモニター登録はもちろん無料です。安心してモニター登録してお小遣いを稼いでください。モニター登録が無料である理由とは

モニター登録には何が必要

いざ、モニター登録する時に必要なものがわかっているとモニター登録がスムーズできます。まず、最初にモニター登録に必要なものは3点あります、メールアドレス、パスワード、モニターの基本属性情報です。これだけでモニターを簡単に始めることができます。なぜ、これらがモニター登録に必要なのか?

モニターの収入はどのくらい

みなさんが一番知りたいのはアンケートモニターはどのくらいの収入を得ることができるか? 得られる収入はどのくらいの時間、モニターをやればいいのか?また、負担にならないのか?どのくらいの収入あるのでしょうか?

謝礼の交換方法はどうやる

モニターになってアンケート依頼に回答し、ポイント(謝礼)が貯まると次にやることはポイント交換です。残念ながら、自動的にポイント交換とはなりません。モニターからの交換申請が必ず必要となります。いくらから交換できる?何に交換できる?いつモニターの手元に入る?謝礼の交換についてわかりやすく説明

モニターの情報は漏れるもれない?

個人情報が流失したりしないか?ダイレクトメールや勧誘電話などが来ないか、少し不安になります。また、個人情報の登録することでモニターになることをあきらめている方はたくさんいると思います。安心してください。おすすめするアンケートサイトのモニター登録情報は流失しません。モニター情報が流失しない理由とは?

モニターをやることでの負担は?

アンケートサイトにモニター登録すると仕事のようにノルマを課せられるんではないか? それが負担となるのではないか?と考える方もいますが、ノルマは無いので安心してください。アンケートに回答やるやらないはモニターの生活スタイルで自由に決めることができます。なぜ、モニターに負担はないのか? 

どんなアンケート依頼がある?

スマホやパソコンでWebアンケートに回答が基本です。商品モニタ―、グループインタビュー、日記式アンケートなどアンケートサイトからいろいろな依頼がきます。時間がかかるもの、高報酬なもの、指定した場所に出向くものなどがあります。アンケートの種類をわかりやすく説明

モニター収入に税金はかかるの?

稼いだ収入には基本額に応じて税金を徴収されています。毎月、お給料をもらっている人は天引きされます。アンケートモニターで得た報酬は雑所得となるため課税対象で、自己申告し税金を払う必要があります。モニター収入で税金を払う必要は?

アンケートモニターのメリットとデメリット

アンケートモニターて本当にやることでお得なの?損なのだろうか?どうなんだろうか?とみなさんも、いろいろ考えたりしてモニターをやる判断できないと思います。アンケートモニターをやることでのメリット、デメリットをはじめから知っておくことで無駄な失敗をしなくてすみ、うまくコントーロールすることもできるはずです。メリットとデメリットとは?

 

モニターはこれからも稼げるのか 

アンケートモニターはこれからも本当に稼ぐことができるのでしょうか?お小遣いを稼げるモニターに慣れてくると、できるだけ長く継続してモニターでたくさん稼ぐを考えるようになります。ヒントはいままでのアンケートサイトはどうだったのか?これからはどうなっていくかに、まずは注目してみましょう。

 

アンケートモニターガイド モニター情報はもれるもれない