スキマ時間をうまく使う

アンケートモニターはスキマ時間を使って謝礼を貯めるがベストです。

 

なぜなら、スキマ時間を使うことで生活スタイルに影響が無く、負担ならないのでモニターを続けることができます。

 

スキマ時間とはどんなものなのか?スキマ時間を知る使うことで、日常にあるスキマ時間でアンケートの依頼に回答してうまく謝礼ポイントをためることがでます。

 

スキマ時間を使うには


キーワードは

・1日のスキマ時間について

 

・15秒~5分単位を使いきる

 

・スマホでいつでもどこでも

注目するのこれだけで充分

スキマ時間をうまくつかうをガイド



キーワードのみえるか 

ここからはガイドよりバトンタッチしたアドバイザーの私がご案内します。


1日のスキマ時間について

仕事の合間にあるスキマ時間

  つかえる時間
通勤  バスや電車の乗車時間
お昼休み 飲食店での待ち時間
みなし休憩 コーヒー休憩など

スキマ時間とは?よくわからないし、ほとんどの人は気に留めたこともありません。

 

実はこのスキマ時間に該当するものは日常の中にたくさんあります。

 

例えば、仕事をしていても合間に少しだけ空いている時間があります。通勤時間、昼休憩、みなし休憩などが該当します。

 

 



15秒~5分単位を使いきる

各アンケートの回答時間

アンケートの種類 回答時間
事前調査  15秒
本調査 5分
商品モニター 5分
日記式アンケート 5分X回数
オンラインインタビュー 1時間
グループインタビュー 2時間

15秒~5分単位のスキマ時間は毎日の中にたくさんあります。

 

アンケートサイトから依頼されるアンケートの回答は15秒~5分単位でできます。

アンケートモニターはスキマ時間で稼ぐことができます。

 



スマホでいつでもどこでも

スマホサイトとアプルの対応

アンケートサイト スマホサイト アプリ
マクロミル 
キューモニター
リサーチパネル
ライフメデイア

アイリサーチ

スキマ時間があってもアンケートに回答できなければスキマ時間自体をうまく使うことができません。

 

スマホがあれば、スキマ時間をいつでもどこでもつかうことができます。

 

各アンケートサイトもスマホサイトに対応済です。さらにアプリ導入しているサイト(マクロミル、キュモニター、アイリサーチ)はおすすめです。


まとめ

各データーからスキマ時間をうまくつかうの結果

 

毎日のスキマ時間は考えた以上にたくさんあることがわかりました。これを使わないはもったいない、アンケートモニターで有効に使いお小遣いを稼ぎましょう。

 

働いているからスキマ時間なんて無い?みなし休憩と法律で決めた休憩時間があるので充分スキマ時間はあります。それでもない企業はブラックです。これは労働者の与えられている権利ですので有効につかいましょう。

 

アンケートモニターは10秒~5分単位の短い時間でできます。スキマ時間を使うだけでお小遣いを得ることができ、生活スタイルに負担なくできます。バイトのように決まった時間に拘束されたり、ノルマがありません。やりたい時にできるのがアンケートモニターです。 


Sランクアンケートサイト

Aランクアンケートサイト

アンケートモニター登録募集中


関連ガイド情報

アンケートモニターだけで生活できる?

アンケートモニターだけで生活はできるのか?答えはNOですアンケートだけでは生活できません。  1日中アンケートモニターをがんばって稼いでも生活をしていけるレベルにはなりません。 あくまでもアンケートモニターは副業レベルだと考えてください。
いくらポイントがたまるのか?

優先順位を考えて回答する

あまり時間をかけずに謝礼ポイントを得たいので、高ポイントのアンケートだけ選んで回答したいと考えるモニターはたくさんいるはずです。 そのため時間をかけずに効率よくやるにはアンケートサイトから依頼されるアンケート種類について知ること必要です。
アンケートに優先順位つけるには

効率良くアンケートに回答する

アンケートサイトからはいろいろなアンケート依頼があります。アンケート依頼はモニターがパソコンやスマホで回答するWebアンケートが基本です。それ以外にもサンプル商品を使う商品モニター、グループインタビュー、日記式アンケートもあります。効率よく、たくさんのアンケート依頼と回答をすることでポイントをためることができます。

アンケートを効率よく回答するには

アンケートの依頼を増やすには

アンケート依頼を増やすことができたら、もっとたくさんポイントをモニターはためることができます。 でも、アンケート依頼を増やすことはできるのか?少しの工夫とやり方でアンケートの依頼を増やすことができます。
アンケートの依頼を増やすには

モニターがしてはいけないこと 

アンケートモニターはアンケートに回答することでアンケートサイトから謝礼を得ています。 これらから、アンケートサイトが雇い主でモニターは従業員みたいな関係にたとえることができます。 雇用関係があるわけではありません。必要なことはモニターが守るべきるルールを知って、モニターをはじめれば安心してお小遣いを稼ぐことができます。
モニターがしてはいけないを学ぶ

毎月お小遣いを得るには

アンケートモニターをやるなら、毎月お小遣いを得ることがゆずれない条件となります。 お小遣いを得ることを実感しないとアンケートモニターを続けることもできません。 毎月お小遣いを得ることができるアンケートサイトのモニターに登録するのがおすすめです。

毎月お小遣いを得れるサイトとは

スキマ時間をうまくつかう

モニターはスキマ時間をうまくつかってアンケートに回答してポイントをためます。 なぜなら、今の生活スタイルに影響が無く、負担ならないためモニターを続けることができます。 スキマ時間とはなのか?日常のどこにでもある、いまはつかっていない時間です。

スキマ時間でポイントをためるには

いちばんおすすめはマクロミル

アンケートモニターでいちばんアンケート依頼件数が多い、たくさんの謝礼ポイントがたまるのはマクロミルです。 すべてのアンケートモニターは必ず、Yesと答えるはずです。ほとんどのアンケートモニターがマクロミルのモニター登録しています。
なぜ?マクロミルがおすすめか 

商品モニター日記式アンケートは稼げる

アンケートモニターでポイントをためるには通常Webアンケートで回答がほとんどです。Webアンケートは謝礼ポイントが少なく程度たくさん数をこなす必要あります。 もちろん時間もかかります。謝礼ポイントが高額な商品モニターと日記式アンケートがおすすめです。

商品モニターと日記式アンケートとは

グループ&オンラインインタビューに参加

アンケートモニターでポイントをためるには通常Webアンケートで回答するがほとんどです。Webアンケートは謝礼ポイントが少なくある程度の数をこなし時間もかかるので、謝礼ポイントが高額なグループ&オンラインインタビューに参加することがおすすめです。

どんなアンケートなのか?を説明 

スキマ時間をうまく使う